物件の広さがポイントです

革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します

賃貸 ポイント

ビル

物件の広さがポイントです

賃貸物件を探す場合、広い物件であることに越したことはありません。
しかし、広ければ広いだけ家賃も高くなりますし、不必要に広い物件である必要はありません。
注意しなければならないポイントは、バスとトイレの広さです。
物件の中にはバス・トイレが一緒になったものも少なくありません。
バス・トイレが一緒になっていると、一人がお風呂に入っている間はトイレにいけませんので、大変不便です。
これをユニットバスと呼ぶ場合もありますが、一般的には、お風呂がある部屋をユニットバスと呼びます。
必ずしもバス・トイレが一緒になっているものをユニットバスというわけではありません。
また、収納スペースの広さも重要です。
季節の移り変わりとともに服の入れ替えなどがありますから、ある程度の収納スペースは必ず必要になります。
物件の内見を行う場合には、現在自分が持っている荷物をすべて収納できるかどうかを調べておくことが重要です。
意外と荷物は増えてしまいます。